チワワの起源と歴史

MENU

チワワの起源と歴史

 

 

チワワのまず特徴になることは、体のサイズです。

 

世界一小さい犬として、とても愛されています。

 

ぱっちりした瞳がとても愛らしく、
くりくりとした丸い頭も特徴になっています。

 

小さな体でぶるぶる振るえているようなイメージがありますが、
小型犬の中でも常に人気のある犬種です。

 

チワワの原産地は、メキシコといわれていますが、
なかには中国であるという方もいます。

 

犬の本によると、原産地はメキシコになっているものが多いようです。

 

メキシコの古い資料では、
テチチという遺跡からチワワの骨が発掘されています。

 

多数の数がある為に、かなり昔からメキシコにいたようです。

 

テチチはとても小さい毛の長い犬で、
チワワの先祖ではないかともいわれています。

 

チワワの起源には、ほかには中国説がありますが、
中国のチャイニーズクレステッドドッグとテチチのかけあわせで、
チワワが誕生したという話もあります。

 

歴史的には色々な説がありますが、
小さな犬の代表として現代に至るまで長く愛されている事は確かですね。

 

かなり古い時代から存在している犬種であることも間違いないようです。

 

チワワは、大型犬と比べると、
飼育もとても楽で、飼い主にとても懐くことから、
女性にはとても人気のある犬種です。

 

小型犬の魅力をたっぷり持ったチワワですが、
愛らしい瞳に思わず恋をしてしまった飼い主さんも沢山いる事でしょう。

 

一番小さな犬ですが、性格は意外と強気なところもありますよ。

 

Sponsored Links