チワワの子犬の飼い方

MENU

チワワの子犬の飼い方

 

 

チワワの子犬は体の大きさとても小さく、
カップの中に入ってしまうほどの小さいサイズが特徴になっています。

 

チワワは怖がりですが、
自立心がとても強いことも特徴になっています。

 

防犯の為に吠えることもよくありますが、
相手が誰かれかまわず吠えてしまうのは、
飼い主のしつけで改善する事が出来ます。

 

子犬の時にしっかりとしつけをしたいことの一つです。

 

チワワの子犬には、色々な人や物を覚えさせることが必要です。

 

そして無駄吠えをしないときには必ず褒めてあげることが大切ですね。

 

チワワはとても頭がよく、飼い主に忠実である事も特徴です。

 

子犬の時にはしつけをしっかりする事が大切です。

 

体が小さい為に、とてもケアがしやすいことはメリットなのですが、
何時も抱っこをして移動をすると、
リードをつけても歩かなくなってしまう為に、
子犬の頃から散歩の習慣とつけて、
首輪とリードに慣らせることが大切ですね。

 

そして大切な食事ですが子犬の場合は、体の発育とともに食事の量を調節して、
最終的に回数を2回に減らしていきます。

 

朝と夕方に食事をあげます。

 

食事をする場所や、時間なども必ず決まった場所にしてあげましょう。

 

子犬の時には、生活のリズムを一定に保ち、
習慣となる事は早めに覚えさせることが必要です。

 

そして健康管理もとても大切になりますので、
目ヤニや耳の中の汚れなどは定期的にチェックをして、
体調しっかり管理してあげましょう。

 

少しでも異常がある場合にはすぐに獣医さんに見せてくださいね。

 

Sponsored Links