ヨークシャーテリア以外の犬種との多頭飼い

MENU

ヨークシャーテリア以外の犬種との多頭飼い

 

 

ヨークシャーテリアとほかの犬種を一緒に買うときには、
まず性別を考える事が必要です。

 

交配をする目的がないのであれば、
まず異なる性別の犬を選ぶことが必要になります。

 

多頭飼いのメリットは、一人で寂しい思いをせずに、
いつも一緒に遊ぶことが増えるという点です。

 

しかし犬種が異なる場合には、まず体の大きさなども考える必要があります。

 

使っているケージや食器なども出来れば同じサイズ物で使えると安心です。

 

遊ぶ時も、あまりにも大きなサイズの犬では怪我をしてしまう場合もあります。

 

気が合うかどうか、良く調べてからにしましょう。

 

どんな犬種にするにせよ、先住犬を優先してあげる事が必要になります。

 

ヨークシャーテリアを最初に飼っている場合には、
とても甘えん坊ですから、次の新しい犬には、攻撃的になる場合もあります。

 

そして新しい犬の健康状態を良く調べる事が必要です。

 

遺伝性の病気を持っている場合もありますし、
先住犬に移ってしまう事もあります。

 

まず必要なことは先住犬の健康を良く調べておく事です。

 

新しい犬がくると、新しい生活習慣に慣れるまでは、
先住犬も行動が普段とは異なる場合があります。

 

しつけをまずしっかりしておく事も必要ですね。

 

特にトイレの習慣が異なり、トイレの場所とは
異なるところでおしっこをしてしまうこともあります。

 

先住犬の飼育がしっかり出来ている状態で次の犬種を飼うことをオススメします。
信頼関係ができてないと、犬の数が増えると飼育が大変になります。

 

Sponsored Links