ヨークシャーテリアの起源と歴史

MENU

ヨークシャーテリアの起源と歴史

 

ヨークシャーテリアの歴史は比較的に新しい事が特徴です。

 

19世紀の中ごろにテリア系のウォーターサイドテリアや、
クライデスデールなどから交配して作りだされました。

 

原産はイギリスのヨークシャー地方で、
炭鉱が盛んな場所でねずみの駆除として飼われていました。

 

ヨークシャーテリアの改良は、スコットランドから
織工によって持ち込まれて事が始まりといわれています。

 

改良をしている段階では、体重が7kgほどある大きなサイズであった事も特徴です。

 

今までの活躍は色々なドッグショーでも分かりますが、
1861年にはじめてのドッグショーに参加します。

 

まだその頃には犬名もなかったようです。

 

そして1866年には、ヨークシャーテリアという名前が
イギリスの大きなドッグショーで始めて使われました。

 

その後1951年になるとアメリカでヨークシャーテリアのクラブが設立され、
日本にも同時期に輸入がされるようになりました。

 

常に人気は上位にある犬種です。

 

ヨークシャーテリアが一般の家庭で飼われるようになったのは、
イギリスの戦後の事です。

 

それまでは動く宝石と呼ばれるほど、とても高価な犬として扱われていました。

 

知名度のとても高い犬種でいつも人気があります。

 

大きさも丁度よく、室内犬としてはとても飼い易いことも特徴となっています。

 

毛並みの色などもとても特徴があります、
昔は富裕層の犬として人気がありましたが、
今ではとても一般的な犬として愛されています。

 

Sponsored Links