極小犬 ヨークシャーテリア

MENU

ヨークシャーテリアとの生活で気を付けたいこと(夏ver.)

 

 

夏になると室内で飼っているヨークシャーテリアには、
室温の調整がとても大切になります。

 

日中、誰もいなくなる家では窓が締め切られてしまいます。

 

気温が上昇してしまうと大変です。

 

長時間留守にする場合には風通しの良い環境を作るか、
エアコンのドライをかけっぱなしにしておくと安心ですね。

 

そして夏場はドッグフードの残りなどがすぐに腐敗してしまう事があります。

 

残りの食べ物はそのままに放置をせずに、
餌入れは清潔にしておいてください。

 

そして水分不足にならように、
常に清潔な水を用意する事を忘れないでください。

 

室内で長時間お留守番をするときにはお水が重要です。

 

夏場のお散歩は外の気温の注意をすることが大切ですが、
夕方頃の気温が低くなった時が丁度良いでしょう。

 

外に行く時には必ず地面の温度を確認してください。

 

ヨークシャーテリアは体も小さい為に、
地表からの温度もそのまま受けやすいのです。

 

地面の温度が落ち着く早朝や、
夕方にお散歩に行く事をオススメします。

 

夏場は車で移動をするときにも注意をしてください。

 

どんな短い時間でも、窓を閉め切った状態で
車内に置きざりにしないでください。

 

予想以上に温度が上がってしまいますので、
命にもかかわります。夏は特に暑い日は風通しの良い場所や、
扇風機を使うなど、家の中でも温度の調整に注意をすることが必要ですね。

 

熱中症なども心配になりますので、
屋外で長時間過ごす事も避けましょう。

 

必ず十分な水分を取る事を心がけてください。

 

Sponsored Links