ヨークシャーテリアの良くある困った癖

MENU

ヨークシャーテリアの良くある困った癖

 

ヨークシャーテリアは、テリア系の小型犬と
マルチーズなどの混血により作出されました。

 

その大きさや可愛らしいイメージから
単なる愛玩犬と思われがちです。

 

しかし、実はテリアの気質をしっかりと受け継いでおり、
自尊心が強く大変エネルギッシュな犬です。

 

そのため、ヨークシャーテリアには小さくても家の中を
元気いっぱいに暴れまわるなどの困った癖があります。

 

ヨークシャーテリアを留守番させ、外出先から帰宅し家の中を見て、
あまりの散らかりようにあの小さな体の中のどこにそこまで
エネルギーがあるのかと呆れることもしばしばです。

 

また、食糞をする厄介な癖のある犬もいます。

 

これは、ケージの中で飼っている場合に起こりやすく、
できるかぎり早く糞を掃除をしてあげることで改善できます。

 

専用のトイレを設けてトイレトレーニングをしっかりと行うことが重要です。

 

ヨークシャーテリアは、警戒心と負けん気が強く、
自分のテリトリーを守ろうと強く主張するため番犬に適していますが、
その主張が吠え癖となって出てしまう場合が往々にしてあります。

 

しかし、これは躾次第で軽減できますし、
個性によっては最初から吠え癖がほとんどみられないという
ヨークシャーテリアがいることも事実です。

 

ヨークシャーテリアの被毛は抜けにくいですが、
放置しておくと長い毛がからまってどうにもならなくなる困った癖があります。

 

毎日ブラッシングをしてあげるか、こまめにカットしてあげるしかありません。

Sponsored Links