ヨークシャーテリア生後90日〜6ヶ月の飼い方・育て方

MENU

ヨークシャーテリア生後90日〜6ヶ月の飼い方・育て方(その3)

 

ヨークシャーテリアが自宅に届けられて家族に一員となったらしつけをしたり、
色々なトレーニングをしていく事になります。

 

子犬の内はとても小さく、少しずつ成長する愛犬を
見ることで癒されるわけですが、生後90日から半年の間の飼い方や
育て方と言うのは、成犬になった時に良い子に育てるために行う大切なことが有ります。

 

まず、基本的なしつけは生後6か月までの間に教えておく必要が有ります。

 

子犬の内は、ワクチンプログラム進行中と言う事になりますので散歩は厳禁です。

 

ヨークシャーテリアのワクチンプログラムが終了すれば
散歩に連れて行ってあげたり、月に1〜2度ほどのシャンプーを
行っても良いのですが、それまでの間は家の中で色々な事を教えて行く必要が有るのです。

 

 

また、ヨークシャーテリアはチワワと同じく小型のワンちゃんですので、
身体はとても小さく、しかも消化器官が未発達の状態になりますので、
生後60日から半年の間の食事は1日3度に分けて同じ量を与えていきます。

 

尚、食事などに使う食器は、ドッグフード用と水用の2つを用意しておき、
水は定期的に綺麗なものに交換してあげるようにすると良いのです。

 

また、食事は子犬用のものを選んであげて、永久歯が生えてくることで
固い物を食べさせたりするようになりますが、永久歯が生え揃うのは
生後半年くらいであり、生後6か月までの間は
子犬用のドッグフードを与えていく事になります。

 

尚、食事は生後6か月を過ぎてからは一日2回に変えても
良いのですが、それまでの間は一日3度にします。

 

Sponsored Links